スポンサードリンク

2008年01月25日

金融庁、米金融保証会社との契約調査

モノライン問題、日本の金融業界に、直接的に大きな影響がなければいいのですが。。。

(NIKKEI NETより引用)

 金融庁は21日までに、「モノライン」と呼ばれる米金融保証会社と国内金融機関の契約関係の実態把握に着手した。モノライン大手の格下げなど信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の影響が広がりを見せており、日本の金融システムに与える影響を精査する。

 モノラインは証券化商品などの元利払いが滞った際に支払いを肩代わりする保険会社の一種。国内の損害保険会社はモノラインが保証業務で損失を出した時の再保険を引き受け、ミレアホールディングスは約162億円に上る。佐藤隆文金融庁長官はいまのところ「引受規模は十分管理可能な範囲」とみている。

posted by モノライン at 12:32| モノライン問題の動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。