スポンサードリンク

2008年01月30日

三井住友FG サブプライムとモノライン格下げ関連で損失 最終益19・3%減

サブプライムモノライン格下げの影響が出た模様。これからどんどん影響が明らかになっていくのでしょう。米国では、モノラインへの増資支援と利下げの方向が言われていますが、うまく収まったにしても、経済全体の基盤の構造変化が問われている時代、注意深く行動するべきでしょう。

(ヤフーニュースより引用)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000009-fsi-bus_all

 ■07年4−12月期

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)が29日発表した2007年4〜12月期連結決算によると、最終利益は前年同期比19・3%減の3195億円となった。

 米サブプライム(高金利型)住宅ローンに関連した損失を990億円計上したのに加え、金融商品の保証を専門に手掛ける金融保証会社(モノライン)の格下げの影響で100億円の引当金を計上。昨年7月に出資したクレジットカード大手のオーエムシー(OMC)カードの株価下落で約500億円の減損処理を実施したことなどが響いた。

 サブプライム関連損失では、9月中間連結決算で320億円計上していたが、サブプライム関連商品の価格下落が止まらず、10〜12月期に、670億円の関連損失を追加計上した。その結果、サブプライム関連の資産の残高は約150億円まで圧縮され、これについては現時点で含み損は発生していない。

 また、一部モノラインの格付けが引き下げられたことに伴い、モノラインの保証を受けている債権200億円に対して100億円の引当金を計上した。このほか、モノラインの保証付き投融資などが約500億円あるが、サブプライム関連の証券化商品などは含まれておらず、損失は発生しない見込みという。

 一方、本業のもうけを示す実質業務純益(傘下の三井住友銀行単体)は13・4%増の5665億円と堅調だった。
 
posted by モノライン at 16:11| モノライン問題の動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。